今年も有楽町で フランス映画際2016が開催されます。

有楽町朝日ホール、
TOHOシネマズ 日劇 にて6/24(金)~27(月)にて13作品が上映されます。 12作品は最新のフランス映画、もう1本は巨匠ジャック・リヴェット監督の長編デビュー作 (1961年)です。

フランス映画際2016
















オープニング作品は
8月にロードショーが決定している カトリーヌ・ドヌーブ主演最新作の 『太陽のめざめ』です。ALFフランス語学校にもチラシがありますよ。



太陽のめざめ






















そして今年の団長は フランス大女優の イザベル・ユペール、今回上演作品では『アスファルト』『愛と死の谷』に出演しています。

前売り券は完売作品もありますが、40枚程度の当日券も用意されています。

そうそう、日本でもロングランだった事実に基づいたヒューマンドラマ 『最強のふたり』に出演したオマール・シィが『ショコラ!(仮題)』に出演しています。フランス語タイトルが Chocolat』で、日本語のタイトルが仮題、ほんとうに最新映画なんですね。


生きたフランス語に触れるチャンスです、行ってみませんか?


< 映画に関するフランス語 >
cinéma :映画館(男性名詞) film : 映画(男性名詞)
écran : 画面 / スクリーン(男性名詞)

acteur / actrice : 俳優 / 女優男性/ 女性名詞
réalisateur  / réalisatrice: 監督 男性/ 女性名詞


皆さんこんにちは 東京もついに梅雨入りしましちゃいましたね。

さて、質問です。                                                      


フランスに梅雨があるかどうかご存知ですか?


答え:雨の降rain-310148_640る特別な季節はありません。







フランスは全体的にカラカラ陽気で湿気があまりありません。農作物や動物たちには恵みの雨になることも多いのですが、、最近ヨーロッパでは降りすぎました!

雨 フランス













ルーブル美術館から作品を避難させたり、人はもちろん、動植物だけでなく美術品にまで被害がおよぶのでは、、と心配をしました。

そんな大雨もとりあえずパリでは一段落した模様。これ以上の被害が出ず、なによりですね。


こんな時には重大なことを引き起こすこともある自然、フランス語でも自然を表すたくさんの表現があります。


季節に合わせて雨の表現をいくつか挙げてみますね。


-C’est le temps de chien (cochon) ! ひどい悪天候だ。なぜ犬や豚が登場するのでしょう

( chien : 犬(男性名詞) cochon : (男性名詞))

-Il pleut à verse. どしゃ降りだ。

 ( verse  (男性名詞) : verser (動詞:注ぐ、まき散ら)から派生した名詞)

-Il pleut des cordes. どしゃ降りだ。

corde : ロープ)


そして、梅雨の時期といえばアジサイ。この季節、花屋さんでもよく見かけます。


このアジサイ、フランスでもポピュラーな花なのです。

フランス語では hortensia と言います。


皆さんが梅雨の季節に思い浮かべるものって何ですか?

 

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは

夏のような暑さが続いていますが、ご体調はいかがでしょうか

今回は少し気が早いですが、9月17日公開の映画のご紹介です

それは『レッド・タートル ある島の物語』というスタジオジブリの長編作品の最新作です


20160414-RedTurtle-poster-th-th




先週22日に閉幕したカンヌ国際映画祭で特別賞を受賞しています

またこの作品は、スタジオジブリ初の海外との共同製作、日本とフランスの合作です


フランスでは、一足先の629日に一般公開されるようです!


今秋の映画はこれで決まりですね

このページのトップヘ